いろんなことやいろんなところ。0sanada0[アットマーク]ジーメール
by thistimelastyear
カテゴリ
全体
モロッコ
ヨルダン
フィリピン
バリ
日本

写真
京都
こばなし
音楽
以前の記事
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 05月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
Link
Link

イタリアで料理修行中、tothukoちゃんのブログ
A Tavola! イタリア*ほぼマンジャーレ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
愛宕さん
f0150862_15502996.jpg

7月31日の晩から、8月1日の朝にかけて、京都は嵯峨の奥、愛宕さんで、千日詣りという行事が行われます。

900メートルくらいの山を2時間ほどかけて登ります。この日に登ると、1000日参った御利益があります。
普段参ることもないので、また夜に大勢が山に登るというのがおもしろいので、今年は行きます。2年前にいったきりです。
頂上では、京都の家の台所には必ずと言っていいほどある、火除けのお札が買えます。

頂上には夜店がいっぱい出ています。うどん、唐揚げ、焼きそば、ビールもあります。「愛宕名物、赤いダイヤ」も食べることができます。霧がかかっていると、夢の中の世界みたいに幻想的です。夜景がきれいに見えるポイントもあります。おじいちゃんやおばあちゃんも杖をついて上っています。赤ちゃんもお母さんやお父さんにおんぶされて上っています。3歳までにのぼると、一生火事に遭わないんです。

本当なら、夜中2時くらいに写真にあるとおり、雅楽の演奏がきけるんですが、次の日が会社なので、早めに登って早めに降りてこようと思います。

これのおもしろいところは、上る人は下る人に向かって、「お下りやす」、下る人は上るひとに向かって、「お上りやす」という、ルールじゃないけど、そういう習わしがあります。それがすごいおもしろい。口に出すことでお互いが元気になる。最後の方は、「うぃーす」みたいになるけど、それもおもしろい。

行きたい人、メールください!しんどいとも思うけど、達成感がすごいあります。山の頂上、しかも深夜にあんなに人がいる光景はおもしろいです。

現地までは、クルマで行ってもいいですが、駐車場がおそらくいっぱいなのでタクシーでいくのがいいかと。あと、バイクなら登山口のすぐ近くまでいけます。

レッツ ノボリニケーション!!
[PR]
by thistimelastyear | 2006-07-27 15:49 | 京都
tokyo
7月いっぴ

一泊二日で東京いってきた。仕事半分,遊び半分。あいにくの,雨。

羽田から,直接東京都現代美術館へ。清澄白河の駅からは結構離れている。
印象に残ったものをいくつか。
Ron Muek 「in bed」
 浮き出た血管や,目の濁り,白髪,肘のしわ,シーツのしわなど,すべてが実物そのもの。当たり前だが,どんなに細かく見ても非の打ちようがない。寝る前のひとときなのか,女性は何か考え事をしている。何かとてもプライベートな時間を見ているようで,凝視していてはいけないような気にもなる。
 じっと見つめていると,自分の視界に映るものが,腕だけになったり,顔だけになったりする。今,自分の視界に自分の腕だけを映そうと思えば,かなり近寄って見ないとそうはならない。しかし,この巨大な作品を見ていると,物理的には自分は近寄ってはいないのだが,自分が小さくなったというか,まるで自分の身体全体が自分の目になったような錯覚におちいる。しかし,ふと自分の視界の中にいる他の鑑賞者を見て現実に引き戻されると,作品の巨大さを改めて実感することになる。
 もし,自分以外に誰もいない場所でこの作品と一対一で対峙することになれば,「大きさ」とか「見ること」,「リアル」とかいった意味が何なのかよく考えることができるような気がした。「本物よりもリアル」というと,陳腐なコピーに聞こえるが,本物をここまで凝視する機会がなかったため,まさに「本物よりもリアル」に思える。

Dennis Oppenheim 「テーブル・ピース」
 まず音の出るインスタレーションなので,直感的に「面白い」と思った。20mくらいの長いテーブルの端と端に,白と黒のタキシードを来た人形が坐っている。テーブルは,黒い人形がいる方は黒,白い人形がいる方は白になっており,それぞれに向かってグラデーションになっていて,ちょうど真ん中はグレーになっている。その時は人形が何と言っているか分からなかったが,「why?」「why not?」と言い合っていたらしい。これは作者のアイデンティティーを表しているらしいが,分からなかった。音が被さったり,ずれたり,共鳴したり。直感的に面白い。

William Kentridge 「Stereoscope」
 政治的な内容も含まれている作品だったが,黒と青で構成されるアニメーションが面白かった。小さい子どもたちが見入っていた。2回も見た。

Artavazd Pelechian「我々の世紀」
 スペースシャトルの打ち上げや,飛行実験,戦争。色んな場面がつなぎ合わされている。ゴダールがずっと彼のことを押していたらしい。2回見たかったが,時間がなかった。

Rinko Kawauchi 「キュイキュイ」
 この作品は,かなり日本的なものに依っていると思ったが,カルティエはどういう基準で選んだんだろう。でも,とてもプライベートな写真のスライド。自分の身内だからこそ撮れるようなものがたくさんあった。音楽もあったので,映画のよう。家族の絆。よかった。

その日がたまたまだったのかはわからないが,美術館には小学生か中学生かが誘い合って,美術館に見に来ていた。サンダル履きで。東京って,美術館がすごい身近な存在なのかなぁと思った。

前に日記に書いた「ガージェリー」も飲んできた。ガージェリーの会社の方に教えて頂いた広尾の「Cafe de pres」と,汐留の第一ホテルのバー「traxx」。美味しい。エステラとスタウト両方飲んだ。ごくごく飲む感じではない。ゆっくりと楽しめる。グラスがかっこいい。カフェデプレのサーモンサンドもすごい美味しかった。エステラとすごく合います!行ける人行ってみてください。
f0150862_15534742.jpg


夜,増上寺と東京プリンスホテルの間の細い道をタクシーで通った時はすごかった。「うわー」と思わず声が出てしまった。黒い木々の間からライトアップされた東京タワーが見えた。こんなんが毎日見れるのは羨ましい。きれい。見上げる建物。

たまに行っただけでは,移動とか交通手段のことばっかりに頭を使ってしまって,ゆっくりと満喫できないと思った。

帰りは,「ぷらっとこだま」プランで4時間近くかけて帰ってきた。これくらいの時間で行くのがいいのかもしれない。各駅停車で。距離と実際の時間と徐々に近付いていることに対する心構えという点で。浜松で駅弁を買った。初駅弁。


だんだんと東京の地理感覚がわかってきたような気がする。
今まではどこに行くのにも渋谷始まりじゃないとわからなかったが,今回は渋谷には1回も行かず。
[PR]
by thistimelastyear | 2006-07-03 15:53 | 日本