いろんなことやいろんなところ。0sanada0[アットマーク]ジーメール
by thistimelastyear
カテゴリ
全体
モロッコ
ヨルダン
フィリピン
バリ
日本

写真
京都
こばなし
音楽
以前の記事
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 05月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
Link
Link

イタリアで料理修行中、tothukoちゃんのブログ
A Tavola! イタリア*ほぼマンジャーレ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
This is desert
砂漠を堪能した。
遠い日本からこんな砂漠のど真ん中まできたということが、
実感として沸々とわいてきた。
f0150862_0311662.jpg



こんな狭い岩と岩の間を進んでいくと、
f0150862_031403.jpg



そこには、昔のベドウィンたちがのこした絵が、岩に彫り込まれていた。
「自分たちはげんきにくらしてますよ」という、いわば広大な砂漠における伝言板だったという話だ。
f0150862_0321242.jpg



そして、長年の風化によってできた、巨大な岩のアーチに登った。
こんな岩どうやってのぼるのかと思うが、岩は珊瑚のような感じで、全然滑らない。
それもそう、大昔ここは海底だったらしい。
そう言われれば、砂漠をすべて海底の砂と思い、空を海中を思えば、そう思えてくる。
f0150862_0333674.jpg



てっぺんにたって、下を見下ろしてみる。
自分が小さな陰になって、岩の陰にのっている。
遙かしたには、ドライバーが持ってきたオレンジの皮をむきながら、僕たちをまっている。
f0150862_0363176.jpg



人間はすごいなと思う。
こんな、砂と岩だけの世界でもなんとか生きていけるのだから。
そして、自然もすごいなと思う。
何千年もかけて、こんなこんなふうになったのだから。
f0150862_038492.jpg

[PR]
by thistimelastyear | 2008-02-29 00:43 | ヨルダン
太陽が照らす
早朝、起床。
あたりはまだ暗い。
日の出を見るために、何が何でも起きたのだ。
他のグループのひとたちもごそごそと起き出して、日の出を見るために準備をしている。
外は寒い。耳元をかすめる風の音だけが聞こえる。

岩山の上にたち、サバイバルシートに身をくるみ、日の出を待つ。
だんだんと岩山の向こうがあかるくなってくる。
じわじわと寒さも暖かさに変わってくる。

一日の始まりだ。
f0150862_0382516.jpg



朝ご飯の用意ができたと、ツアーの人が知らせてくれた。
朝ご飯といっても、ホボスとザタールとチーズとジャム。
それと、長細いエイセイボーロみたいな味のクッキー。
あまーいあまーいベドウィンティーに浸して食べる。

他のグループの人たちは僕らよりも一足先に、ツアーへと出発していった。
イスラエルから来ていたグループは自分たちのジープで出発していった。

テントから外へ出た。
昨夜とは打って変わって、
目の前にはのぼりたての太陽に照らし出された岩山と砂漠が広がっていた。

今日はこのワディラムをジープにのって、ツアーに出る。


f0150862_0425970.jpg


荷物をまとめて、ジープに乗り込む。
昨日と同じ、ほこりっぽい空気が鼻の中に入ってくる。
床には、ドライバーが食べるのだろうか、まん丸のオレンジが無造作に転がっていた。

さあ、出発。
たとえ少しの時間しか砂漠にいられないのだとわかっていても、砂漠に来られただけでうれしい。
セルが弱々しく回った後、力強いエンジン音が聞こえてきた。

f0150862_0485544.jpg


長年の風化でできあがった、ブリッジ状の岩山と、大きな大きな砂山、昔のベドウィンたちが岩に描き残した絵をのをみにいくのだ。
[PR]
by thistimelastyear | 2008-02-11 00:51 | ヨルダン