いろんなことやいろんなところ。0sanada0[アットマーク]ジーメール
by thistimelastyear
カテゴリ
全体
モロッコ
ヨルダン
フィリピン
バリ
日本

写真
京都
こばなし
音楽
以前の記事
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 05月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ブログパーツ
Link
Link

イタリアで料理修行中、tothukoちゃんのブログ
A Tavola! イタリア*ほぼマンジャーレ日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨルダンごはん
ヨルダンの食べ物はうまい。

f0150862_1219966.jpg

これは日本でも売ってたりするファラフェルと、ホブズとフムス(ホンモスとも)。
ファラフェルは、ひよこ豆をすりつぶしたものをコロッケ状にしたもの。日本で食べたときは味が全然しなかったのだが、こっちで食べたときは結構塩辛かった。でも、できたて熱々でさくさくしててうまい。ちなみに、京都の出町柳にあるファラフェルガーデンで食べることができる。
ホブズは平べったいパンのこと。中が空洞になっているので、ちぎって開けると何でも挟んで食べることができる。ここにさっきのファラフェルを挟んで、フムス(ひよこ豆のペーストとごまのペーストにオリーブオイルがたっぷり入ったもの)をつけてたべる。
すごくこってりしてるけど、結構おいしい。
ホブズは、テーブルに常においてある感じで、日本でいうとご飯だけど、器代わりになったりもしている。手でつまんでいろんなものを食べられるので、手も汚れない。


f0150862_13113917.jpg

これはマンサーフ。羊の肉にジャミードというヨーグルトソースをかけて食べる。食べる前に友達が「結構くせがあるから、嫌いな人は嫌い」と言っていたが、おいしかった。

f0150862_1348462.jpg

これは、ガッラーヤとよばれる、混ぜご飯。これもトマト味がきいていて、とてもおいしかった。

あと、写真はないが、ザタールという、タイムとゴマと塩を混ぜた香辛料を、オリーブオイルに浸したホブズにつけて食べるものがあった。これも結構おいしかった。
ホンモスの茄子バージョンもあった。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-30 14:03 | ヨルダン
too blue
本当に空が青い。
f0150862_2052253.jpg


風が吹くと少し肌寒いくらいだが、日差しはつよい。

道ばたには観光客用の駱駝やロバがいる。
f0150862_2057274.jpg


エルハズネを超えて、しばらくいくと、エドディルがある。
入り口の真下にいる僕の大きさから、建物の高さわかるだろう
f0150862_20582629.jpg


どうやって、そして何故こんなものをつくったのだろう。

山の頂上を目指す。
エドディルをこえたあたりから、険しい岩場をのぼっていくことになる。歩くのがしんどい人は、ロバにのっていくこともできる。
f0150862_2111512.jpg


頂上は1200メートルくらい。
空はまだ何も描かれていない青いキャンバスのようだった。
f0150862_2131865.jpg



f0150862_2155637.jpg

[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-22 21:06 | ヨルダン
紅い岩、蒼い空
アザーンで起きた後、二度寝した。
朝食をたべおわり、ホテルから歩いて、
今回最初の見所となる、ペトラ遺跡へ。

抜けるような、蒼い空。
岩山の陰とのコントラストがすごい
f0150862_22423134.jpg


岩と岩の隙間(シーク)を歩いていく。雨がいったん降ると川になったりするらしい。
そういわれれば、そうだ。

f0150862_22441023.jpg


そして、そのシークを抜けると…
その先に見えるのは…

f0150862_22453640.jpg




エルハズネだ。
アラビア語で「宝物庫」という意味らしい。なんと紀元前30年ころにつくられたといわれている。
なんのために作られたのか、正確なことはまだわかっていない。

f0150862_22482284.jpg


大昔の人が、岩を掘り、くりぬいて、こんなものをつくりだした。

f0150862_22552455.jpg


なかをのぞくと、地層がそのまま見えて、本当に岩を削りだしてつくったということがわかる。

f0150862_22561112.jpg


そして次の、修道院へと向かう…
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-16 23:07 | ヨルダン
4時50分、目を覚ます
早朝4時50分。
アザーンで目を覚ます。
礼拝の時間の前に、礼拝の時間が来ることを伝えるためのものだ。

最初のアザーンは、日の出の1時間前にながれるそうだ。
まだ日も昇っていない。
真っ暗である。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-11 00:34 | ヨルダン
Welcome to Jordan
まず空港まで迎えにきてくれた、ヴィニー・ジョーンズ似のアリ・サラメーンさんが「Welcome to Jordan!」といってくれた。
彼は、僕が見つけやすいように僕の名前を書いた紙を持っていたらしいが、「背の高い日本人がくる」ときいていたので、その紙も掲げず、僕と目が合った瞬間に、眉毛をぴくりと動かして合図してくれた。

「Welcome to Jordan!」ようこそヨルダンへ!

握手をしながら、彼はそういってくれた。
ヨルダンの空気は予想以上に冷たく、ただ日差しだけが強く照りつけていた。
はるばる、飛行機で12時間、中東のこの国にやってきた。
地図上では、一点から一点への移動であるが、その間にたくさんの国があり、いろんな人が住んでいる。
そして、この国にやってきたのだ。

空港のあるアンマンから、一路明日行くことになるペトラ遺跡のあるペトラまで、2時間半のタクシー移動。
前の日に砂嵐があったらしく、車が砂まみれになっていた。
f0150862_14491058.jpg


f0150862_1458238.jpg


デザートハイウェイを突き進む。
本当の「砂漠」の真ん中を走ると想像していたのだが、このあたりは礰砂漠のような感じで、ごろごろと石も転がっている。
目に入る景色が違う。かといって新鮮さはない。
そして、ところどころに立つ簡素な建物。
ぎらぎらとひかるアスファルト。
時間はもう16時前だった。
夕日を背に浴びて、ペトラに向かう。
山羊を乗せたトラックを追い越す。

デザートハイウェイを下り、ペトラへの一般道を走る。
ここまでくると、だいぶあたりも暗くなってきた。

本当にまっすぐな道だ。
対向車もない。
茶色い大地に黒い道が走っている。

しばらくすると、ショウバクという町にはいった。砂漠の谷間の町という感じだ。
驚いたのだが、去年の冬はここで2メートルも雪が積もったのだ。
これは異常気象でもなく、もともとそういう気候なのだ。
中東と聞くと、一年中あついというイメージだが、そうではない。
ちなみに、夏は40度50度にもなる。

「ヨルダンで雪がふるなんて思ってなかった」というと、彼は笑っていた。

しばらく暗い道を走っていると、街に近づいてきた。
ペトラの街だ。
ここは観光地なので、明かりの量も多く、賑やかな感じだ。

f0150862_15183550.jpg


そして今日泊まるエドムホテルにつき、友達と再会した。

日本から離れたこんなところで、友達と会えるのは不思議な感じだ。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-09 15:22 | ヨルダン
茫漠の彼方
写真だけを先にのせます。
文章はまた後日。

ヨルダン南部にあるワディラムという砂漠です。
車があるのがわかるでしょうか。そのくらい大きな岩山と砂だけの世界です。

f0150862_120266.jpg


そして、高さ20mくらいはあるかと思われる、真っ赤な砂山にものぼりました
朝早いツアーに出たので、砂漠には僕ら以外にはだれもいませんでした

f0150862_1213410.jpg


そして、最終日にはDead Seaこと、死海へ行きました。海抜マイナス400mです。世界一低い場所にあります。イスラエルとの国境に近いため、パスポートチェックが厳しかったです。向かい側はイスラエルです。泳いでイスラエルにわたれそう

f0150862_123974.jpg

[PR]
# by thistimelastyear | 2007-12-04 01:23 | ヨルダン
冗談じゃなくて
冗談じゃなくて,

いやJordanなんですが,

明後日から3泊5日でヨルダンにいってきます。

下の写真(K介勝手に写真かりました)にあるような砂漠の真ん中でテント泊して,夕日と星空と朝日をみてきます。
死海に浮いてきます。
インディージョーンズ最後の聖戦の舞台になった,ペトラ遺跡にも行ってきます。

f0150862_1412322.jpg

copyright©K.Takahashi

まだ準備なにもしてません。

あと,いまmacbookが修理中です。
先々週に心斎橋のapple storeに持ち込んで,先週,「治りましたので,とりにきてください
と言われ,土曜日に取りに行ってきました。
修理内容の確認のとき,修理したはずの場所がまったく治っておらず,店の人も「ええっ!」ってびっくりして,てんぱってました。
どうなってるねん,appleー!
治りましたって言ったのに,治ってないってどういうこと!
appleでもこんなことがあるんだなと思いました。

無理とは思いつつも,心斎橋までの電車代を請求したくなりました。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-11-19 13:03 | ヨルダン
ウミネコ
先々週末に,仙台・平泉に行ってきました。
仙台は生まれて2回目。

金色堂とか間欠泉とかいろいろ見たけれど,
松島の遊覧船でウミネコと並んで走れたのが感動でした。

f0150862_1815663.jpg

鳥とは,よく見ると不思議な生き物だなと思います。

とはいえ,やたらと伊達政宗を身近に感じることの出来た旅でした。
瑞宝殿で,伊達家の棺の発掘作業をビデオで鑑賞しました。
やっぱり昔の戦国武将はちゃんと鎧兜を着て,相手を威嚇するための鬼のような面をつけて,えいやーと戦っていたのだなと,戦国時代にロマンをはせました。
たかが400年ほど前の話。
100歳の人が4人生きただけの間です。

時代の流れはすごいなぁと思います。
この日本のどこを探しても,鎧兜を着て,相手を威嚇するための鬼のような面をつけて,えいやーと戦っているような人はもういないのだから。

どこかの山奥にいるのか。

帰りに仙台駅から東北新幹線に乗り込むとき,青森方面から乗ってきたおっちゃん・おばちゃんでいっぱいだったのですが,車両に入った途端,硫黄の匂いがしました。

あと,このサイトの一番上にいる,キャラクター,「むすび丸」はかわいいです。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-11-14 18:33 | 日本
JAFはJAFを呼ぶ
昨日はあいにくの雨。
少しだけ残業した後,雨の中をバイクに乗っていつもどおり帰宅。
そして,いつもの交差点を曲がったところで,急に
「ガチャン!」
と言って,バイクが止まってしまった。
うごかない。
アクセルを回して進もうとするが,うごかない。
最近ガタがきてるので,とうとうか…と思い,恐る恐る後輪を見てみる。

チェーンがはずれている。
さらに,タチがわるいことに,ギアとタイヤの間に外れたチェーンが挟まっている。
こりゃ,うごかない。
スピードが全然出ていないときでよかった。出てるときだったら,吹っ飛ばされているところだ。

「うーん,どうしようか」

つい最近送られてきたJAF MATE(JAFの会員誌。『翼の王国』みたいな感じで,完成度が高い)に,バイクもいけるとか書いてあったなと思い,携帯に登録してあるJAFの番号(#8139(ハイサンキュー)登録してない人,続きを読む前に今登録してください)に電話して,取りに来てもらうことに。
JAFに入っていてよかった。

到着時間は1時間後。

幸い(ほんま幸い),ちょうど故障したのが北山のカフェサロンの真ん前(これはこれで恥ずかしい)だったし,すぐ近くには「遊べる本屋」ビレッジバンガードがある。ビレッジバンガードと書いて,「ひまつぶし」と読んでもいいのじゃないかと思うくらい,暇つぶしにはもってこいの場所だ。

これが,何もないところだったら,1時間もどうしろというのだろうか。
不幸中の幸いだ。

バイクを端に寄せて,ビレッジバンガードへ。
腹が減っていたので,「家でできる居酒屋メニュー」や「アジア料理」とかの本を立ち読みした。
余計に腹が減った。

いろいろ本を立ち読みしていると,携帯が鳴った。
「~自動車です。今フォルクスのところまできてるんですが…」
ということだった。
JAFから委託されてる業者だろう。

電話で道案内をして,1台のトラックがやってきた。40代くらいの人が乗っていた。
「じゃあ,とりあえずバイクの前に車を持ってきますわ」と,Uターンさせてきた。

しかし,

おっちゃんがなかなか車から下りてこない。
依頼者が雨の中で立っているというのに。
遅すぎる。
ちょこちょこ下りてきては,荷台についている小さなクレーンをいじって,また車内にもどっていく。
懐中電灯まで持ち出している。

すると,おっちゃんが頭をポリポリ掻きながら,こちらに近づいてきた。
「すいません,あのー…,えー…,なんかねー,クレーンがうんともすんとも動かへんくてね。ほんますんませんねぇ」

すると,おっちゃんはJAFに電話をかけた。
「あー,●●自動車ですけど,今~さんの現場に到着したんですが,クレーンが…」

JAFがJAFを呼んでいる!

おっちゃんが電話を僕に渡した。
JAFの司令室の人と話をする。
「本当にご迷惑をおかけしています。ただ,バイクを載せられる車がいま全部出払ってまして,つぎの到着は1時間後になるのですが,よろしいでしょうか」と言われた。

別に急いでいるわけでもないし,目の前にはひまつぶしスポットもあるし,「いいですよ」と了承して,電話を切り,おっちゃんに電話をかえした。

おっちゃんは無言で寂しそうにこちらを見る。

「なんか,また1時間後に来るみたいですよ」と言った。

「あっ,そうですか。司令室がそう言ってましたか…。ほんまにすんませんねぇ。ほんまにすんません」

と言って,頭をポリポリ掻きながら,車の方へ戻っていった。
トラックは今にも消えそうなテールランプをつけながら,だんだんと小さくなっていった。

また,1時間が始まった。

たまたま友達がすぐ近くで働いているので,メールをしてみた。
またビレッジバンガードに戻り,立ち読み再開。

乗り物系ハプニングは結構経験しているので,あんまりあわてなくなった。

さっきメールを送った友達から返事があり,カフェサロンでコーヒーとアイスをごちそうになった。

すると,携帯に電話があり,JAFがきた。
あわててコーヒーとアイスを平らげて,店を出る。
いつものオレンジの制服を着て,青い車でやってきた。

バイクを車にのせる一部始終を,カフェの窓から友達が見ていた。

最初にJAFに電話したのが,20時半前。
家に着いたのが23時過ぎでした。
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-10-31 19:26 | こばなし
火祭りとCMフェスティバル
f0150862_034660.jpg


だいぶ秋らしい季節になってきました。
先週の月曜日は、鞍馬の火祭に、風邪をおして行ってきました。
今年で見るのは2回目なのですが、火の祭りというのは見ていてワクワクします。


そして、昨日は晩の10時から大阪のフェスティバルホールで、CMフェスティバルをみてきました。朝の5時半まで世界中の面白いCMをぶっつづけで見ます。
中でも、最初の方で見た、ルノーのこのCMには思わず会場、大爆笑。

その他にもこんなんがありました。
SONYのBRAVIAのCM
watch this
そのパロディ。ジュースの宣伝やったような
watch this

日産の車のCM
watch this

ホンダのCM。
watch this
そのパロディ
watch this

ホンダCIVICのCM
watch this
そのパロディ
watch this

日本のCMは売れっ子タレントやギャグを全面に押し出したものがおおいけど、海外のCMは一見その商品やサービスのことは何も説明していないようなのに、最後には十分なインパクトを残させるようなものがおおい。映像としてのインパクトや完成度が先にあり、企業名や商品名はそれに付随するような。
どちらがいいかわるいかはないけれど、日本のCMはまだまだ売り込むことの必死さが見え隠れしてしまっているような気がする。もうすこし余裕があってもいい。
日本のCMでときどき「おもしろいCM」とか言われたりするものは、この「余裕」があるような気がします。
しかし、これは日本における広告と欧米における広告の概念の違いとかもあると思うので、一概には言えません。
諸手を挙げて笑い飛ばせるような作品、あるいは「やられたなー」というCMは好きです。
車のCMは面白いし、かっこいいなー

あと、誰もいってないのに、みんながCMのBGMにあわせてパチパチたたく(手拍子ではなく、パチパチ音がなる道具をかしてくれる)のが気になってしかたなかった。本当に、ビートが入るたびにパチパチたたく。あれは世界どこでもそうなのか。なんか、NHKののど自慢大会のオープニングみたいに、みんながたたき出すのです。4つ打ちはかんたんなのでみんなあわせやすいのですが、ヒップホップとかになると難しいのか、パチパチの音が小さくなる。挙げ句の果て、ビートが小刻みに変わるやつを、最初にパチパチやったせいで、最後までやりつづけようと無理をして、ぐだぐだ。さらに音楽は結局フェードアウトなので、パチパチもフェードアウト。
やるなら完璧にやる、できないならやらない!
ましてや誰かがそこで演奏しているわけでもなし、わずか15秒とかの間なのだから。
そんなんに気を遣うなら、もっとちゃんと映像をみたり、いろいろ考えてください、と変なところに気が行ったのでした。

お金を払って企業のCMを観に行って、購買意欲をかき立てられるという、なんか変なものではありますが。これはこれで面白かったです。
また次行くかと言われれば、どうかなぁ。
今ではyoutubeもあるから、いつでも家でみれるし。
しかし、7時間ほぼ立ち見だったのはきつかった…
[PR]
# by thistimelastyear | 2007-10-29 00:53 | こばなし